消費者金融 ビーンズ

消費者金融の利用は大手で決まり!ビーンズと一味違うサービスとは

借り入れ先はやっぱり大手が安心

私もまだお金の借り入れに関しては経験も少ないですが、それでも借りるなら大手の方が安心というのは良く分かっています。一度インターネットにて検索してみるとお分かりになると思いますが、消費者金融と検索してみると、テレビでも見かけるような大手から検索するまで見たことも聞いたこともないような業者まで様々に存在しているのです。

中には消費者金融を偽る闇金融業者も存在していますが、まともな業者だけでも実に無数の業者が存在しており、一つ一つの業者が掲げる条件やサービスが異なります。時には特定の地方でしか営業していない場所などもあり、住んでいる地域によって使っている業者が違うなんてことも十分あり得るのです。

大手と中小の消費者金融を見比べてみると、その差というのは歴然です。「消費者金融ならどこで借りても同じじゃないの?」と思うかもしれませんが、それは本当にお金を借りたことがない方、若しくは消費者金融について調べた事も無いという方だけでしょう。大手か否かというのを見極めないと損をする事も有り得るのです。

もちろん中小の消費者金融であっても闇金融業者で無いなら安全ではありますが、どうせお金を借りるなら便利に、それでいてお得にお金を借りたいですよね?私がお金を借りる際に調べて分かったこと、そして実際に使ってみて感じたことを書きます。

中小と大手の違いとは?

まず中小の消費者金融として、ビーンズを例に挙げて見てみましょう。ビーンズというのは規模は小さいものの一度借りるくらいなら使いやすく十分ではありますが、今後も利用するなら物足りない点があります。

それはカードローンが存在していないというところですね。消費者金融としてカードローンを扱っているのはどちらかと言えば大手が多いのですが、中小クラスの消費者金融となるとカードローンでは無くフリーローンの方が多く、どうしてももう一度借りる時には審査や申込みが必要で、これだけでも面倒に感じてきた方も居るのでは無いでしょうか?

でも私が利用しているような大手の消費者金融であれば、ほとんど融資方法としてカードローンがメインとなっているので、契約すればカードローンが手に入って後はカードで自由に出し入れが可能…とこれだけでも大手を選ぶ価値があると思います。

もちろん規模は小さくともカードローンを完備している業者も存在しますので、カードローンの有無にて決めるのも悪く無いかもしれませんね。

年齢制限が厳しいのは消費者金融が返済可能性を見ているから

日本の年齢制限というのは非常にややこしいというのは世界でも珍しいと思います。全ての年齢制限を覚えるというのは難しいでしょうが、例えば免許証をとれるのは原付きなら16歳からとれますが、車なら18歳からとなっています。女性は結婚は16歳から行えますが男性は18歳からです。しかし16歳の女の子と恋愛をしていると、それは犯罪ということで捕まる可能性もあります。また、お酒やタバコは20歳からですが競馬は学生であれば20歳でも競馬場に入ることは出来ません。

というように様々な年齢制限があるのですが、その中でも消費者金融にも実は年齢制限があるのです。多くの消費者金融業者の年齢制限は18歳か20歳から65歳くらいまでのところが多いです。中には中小の小さいところなら、65歳を超えて74歳くらいまで貸出をしていると小ろもありますが、なぜこのような年齢制限が消費者金融でもバラバラなのでしょうか。そもそもどういうものを勘案しながら消費者金融は年齢制限を決めているのでしょうか?

実は消費者金融が見ているのは支払い可能性だと言われています。例えばいくら稼いでいて、どこに勤めていているのか?どういうふうな雇用形態になっているのか?というのを見ています。ですから年収が高ければ高いほど審査に通りやすいですし、安定している職業ほど優遇してもらえるものです。同じように年齢でも稼いでいる年齢であればあるほど、借り入れしやすいのですが年金生活やアルバイトくらいしか出来ない年齢の場合は、なかなか貸出出来ない年齢なのです。もちろん考え方として18歳から働けるから利用できるという考えもありますし、20歳からや大学を卒業してからという考え方もできるので、色々とバラバラになっているわけです。65歳を超えても貸出をしてくれる消費者金融は年齢が高くなっても稼げるか、年金でなんとかなると思っているのでしょう。

将来的にたくさんのお金を稼げるから貸してほしいと言っても、たとえその人が将来有望であっても消費者金融は貸出をしません。重要なのは今の返済可能性なのです。

コツコツ返済すればヤミ金も返済できると思ったら大間違いだ

たまに間違った考え方をしている人がいて、闇金を使っても大丈夫と思っている人もいるようですが、これは大きな間違いです。闇金というのはそんなに甘いモノではありませんし、ルールを守るような存在でもありません。ましてや借り入れをして返済をしたからそれで関係が終わるということはないのです。闇金は消費者金融というよりも、どちらかというと詐欺に近いと思ったほうがいいでしょう。

こういう話が闇金についてはあります。ある人がお金がないからと闇金から10万円借り入れをしたのです。そうすると1週間後に返済を白と言われました。しかも一週間しか経っていないのに12万円返済しろと言われたのです。それが出来ないというと、大きな声で怒鳴られたのです。そして返済できないのであれば毎週末3万円ずつ返済を1年間するように言われたのです。明らかに違法ですし、金利も法律の上限を大きく超えているのですが、こういったことを平気で要求してくるのです。その後は電話を無視するようになると、毎日のように無言電話や怒鳴り声で電話をしてくるようになったということでした。

というような話が闇金では一つや二つではなく、いくつも存在しているのです。もちろんこういう話から更に過激になって事件になったり殺人にまでなっているようなものもあるようです。結局人が死ぬまでずっと請求し続けるのが闇金であって消費者金融のように返済したらそれで終わり、というわけではないのです。たとえ10万円を借りたとしても10万円を返済して終わりなのではないのです。20万30万とドンドンと搾り取られてしまうのです。

だからこそ闇金を利用してはならないとされています。もちろん審査が通りにくいという問題もあるのはわかっていますが、それでも借り入れは違法なところからするべきではありません。違法な業者から借り入れをするくらいなら、仲の良い友達であるとか親であるとか、会社関係者であれば取引先から借りるなど、他の方法を試してみて下さい。でなければ自分の人生台無しにしてしまいますよ。

公務員になるとうわさでは借金の借入枠が1.2倍ほどに膨らむという

実際にちゃんと測ったりしたわけではないですし、同じ人で試したというわけでもないですし、年収が一緒だったけれども仕事だけを変えたというわけではないのではっきりとした数字は出ないと思います。しかし実際に今でもウワサとして言われているのが公務員というのは借り入れをするときにかなり優遇してもらえるということです。消費者金融を借り入れするときに公務員というだけですぐに借り入れの審査がおりて、しかも最初は少額から始まる事が多いのに、いきなりそれなりの借入枠を与えられるというふうに聞いています。

こういう事は本当にあるのか?と思うかもしれませんが、あながち嘘とは言い切れないところがあります。なぜ嘘と言い切れないかというと、信用調査の時に同じように職業であるとか年収であるとかを重視するのです。職業を見るというのは安定して働いているかどうか?働いて返済するお金があるかどうか?というところを見ているのです。収入が多ければ多いほどたくさん貸出が出来ますし、安定している人ほど金利を低くしても長くお付き合いしてプラスになると思われるわけです。

なので信用調査のプラスには確実に公務員だということでなると言われているウワサは、間違いないとおもいます。日本は公務員が一番給料も安定していて高いし、何よりも首になる可能性が低いので安定感は抜群です。他の国だと公務員は給料が低いところもあるのですが、日本の場合は特殊といえるかもしれません。日本以外だと公務員はそこまで優遇されることはないでしょう。

もちろん同じ公務員であっても給料が違ったり安定性が違う職業だったりします。警察もキャリア組とノンキャリアという風に言われたりして、ノンキャリアよりもキャリア組のほうがどんどん上に行けて、給料も高いし安定していると言われています。同じ公務員内でも色々と格差があることは間違いありません。消費者金融側もそこまで細かく見ているというわけではないと思いますが、安定していて年収が高ければ高いほど有利なのは間違いないでしょう。

一番怖いサラ金からの郵便物は督促状だろう

サラ金というと怖いイメージが有りますが今の時代は怖い人達が取り立てに来るというのはサラ金はありません。サラ金、いわゆる消費者金融のことですけれども、消費者金融の業者に怖い人達が取り立てに来るということはなくなりました。これは法律で禁止されて、破った場合には大きな罰則がつくようになったからです。だから大きな罰則で逮捕されて刑務所に入るのは嫌だと思い、悪い人たちが手を出さなくなったのです。その代わり闇金は未だにそういったとりたてなどをしていますから、絶対に使わないようにしましょう。

となると闇金以外の一般的な消費者金融を利用しているのであれば、問題なく利用でき、怖い思いをしないかというとそうではありません。今一番サラ金や消費者金融を利用している人が怖いものといえば、督促状でしょう。金融業者を使っていると、督促状などの郵便物が届きます。郵便物の中には特別優待のDMや新しい商品などが出てきた場合の案内などもあります。こういったDM自体は怖くないのですが、やはり督促状が郵便物で届いている時は怖いといえるでしょう。

なぜなら督促がされるということはまず金利がかなりかかっているということです。加えて遅延損害金もかかっているので返済のためにはかなりのお金を返済しないといけません。督促を受けたお金をちょっとずつ返済していく約束をするなら、任意整理ということになりますが、そうなるとブラック扱いになってしまいます。というように督促状が来ているということは、かなり危ない状況ということになります。

別に郵便物でこういったものが届くのは故意に返済をしなかった時だけのことではありません。故意に返済をしない以外にも返済したと思い込んでいた時に返済できていなかった、残っていたという時にもこういった督促状が利息をつけてやってくるのです。消費者金融の中には完済していないということをちゃんと教えないようなところもあり、中小の貸金業者ほどちゃんと教えてくれません。大手ならば返済できていないことを教えてくれたりしますが、何にせよ督促状が郵便物として届く前に完済のチェックをしておくべきです。

情報が溢れすぎてどの消費者金融を使えばいいかわからない人へ

最近の消費者金融というのははっきり言って数が多すぎるようになりました。昔も多かったのですが、今も十分に多いといえるでしょう。昔は多いなりにも一応大手と中堅どころ、そして中小の貸金業者というように棲み分けがされていたのですが、最近ではそういった住み分けもされにくくなっているように思います。

そのため「どれがいいのかわからないんだけど…」という人も多いと思います。その通りで普通はどれがいいのかわからないと思います。そのくらい多いのです。実際に使っている人も、その消費者金融を使った理由はなにかと尋ねると、明確な答えが返ってくる人は少ないと思います。たくさんの情報がある中で、なんとなくタイミングよく目に飛び込んできて使うことになったという人が多いのではないかと思います。そんなレベルになってしまうのは仕方ないことです。もし情報が多すぎてどうやって選んでいいのかわからないという場合には、タイミングを見て利用するというのも一つの手です。

ただタイミングで選んでしまって利用すると、必ずしも一番いい消費者金融を選んだということにはならないことも多いでしょう。そこで一番いいのは大手から利用していくことです。大手と言われている銀行系カードローンがあります。親会社が誰もが知っている大きな銀行のところが大手に当たります。ここから順に利用していくことが一番めんどくさくなくて、一番いいものに当たりやすいと思います。なぜかというと元々大手というのはやはり条件がいいところが多く、闇金なども少ないために利用しやすいのです。ただし審査が厳しい所も多いので、審査が厳しい場合には、次の大手次の大手というように順番に利用していくことで、どこかで借り入れできる業者が出てきますのでそれを使うといいでしょう。すると少し審査が楽になり金利が上がったとしても、それなりに間違いのない業者を選べると思います。

消費者金融の情報はあまりにも多くなっているので、選び方などは色いろあるのですが、一番得をする選び方をするためにはこういう方法が一番いいのではないかと思いますよ。

キャッシングの名義変更は自分の判断だけではできない!

たまに若い人や家族がそれなりにお金を持っていて頼りにできる人などの場合、お金を借りていてキャッシングしているのは本人でも実際に支払いをするのは親だということがあります。支払いをするのはだれでも問題はないのですけれども、この時に親から子供にお金を渡して支払いをしているという形態を基本的にはとります。もし親が借金をしたことにして、消費者金融から支払いをするという場合は、消費者金融側がイエスと言わない限りはそのような事はできません。

細かいことですがこれは債務譲渡ということになります。つまり債務である借金を子供から親に渡すという行為のことを言うわけですが、債務を渡すということは基本的には名義変更をすることになります。名義変更をしてしまえばその借金は基本的に親に移るわけですが、これで不都合がある場合には名義変更を消費者金融側から拒否されることもあります。あくまで債務を付け替えるという行為については法律的には両者の同意が必要ということになっているので、こちらの利用者側が勝手に行うことは出来ないのです。

このことはあまり知られていないかもしれませんし、演る人もあまりいないと思います。実際には親から肩代わりしてもらって払うことについて、消費者金融側が問題視することはありませんから、債務は子供にありながら支払いは親がするということも気にはしません。しかし法律的に債務というのは簡単に動かせないということは知っておいたほうがいいと思います。もし簡単に動かせるようなことがあれば、嫌いな人に名義変更を勝手にすることで、その人に借金をなすりつけるということもできるからです。

最近はカードローンなどで簡単に借金をすることができるようになったので、なんだか軽いように思うかもしれませんが、一応はちゃんとした貸し借りの契約なのです。法律的に契約というのはそれなりに保護されているものでルールが決まっていますから、こちらがわだけの考えで簡単に動かしたりすることは出来無いのです。消費者金融を利用するのは簡単になりましたが、裏ではこのような法律が動いているのです。

すぐに借金をすることができる申込はやっぱり無人契約機だ

無人契約機なんて使ったことがないという人、今は多いのかもしれませんが昔はこの無人契約機こそが一番使えるものだったのです。ただしまちなかに色々と設置してくれているのはいいのですが、こそこそと入らないといけなかったので、ちょっと後ろめたく思っていた人は少なく無いと思いますが…

さて今でもこの無人契約機というのは実は町中に存在します。昔ほど多くはないですが、今でも各社専用の契約機が置いてあるのです。実は昔はもっと多かったのですが、消費者金融業界の再編が起こったために減ってしまったのです。昔から設置されてあったものを看板を変えてシステムを変えることによってカードローン業者が使い続けたものもありますが、カードローン業者自体が少なくなってしまいました。また業者が少なくなるだけではなく、単純にネットからの借り入れというのも増えてきたことも影響しています。インターネットはコストも安いですから、無人契約機を置くよりも楽だと利用者も消費者金融側も考えるようになったのです。

それでもまだまだ無人契約機が現役で動いているのはなぜかというと、これはスピーディーな申込と利用ができるからなのです。これは今の時代でもおそらく無人契約機での申込と借り入れが最もスピーディーだといえるでしょう。これはネットでも勝てない部分です。

それはなぜかというと、申込みをしてから審査・契約までを全て無人契約機の前で行うことができ、ローンカードも手に入れることができるからです。即日でローンカードを手にすることができるのは、今のところ無人契約機でしかありません。ネットで申込みをすると振り込みをしてもらえるようになるまでは早いですが、ローンカードは後日の郵送ということになるのでタイムラグが有るのです。

だから今でもアナログな中高年の人たちやインターネットをあまり使えないような人たちにとって、無人契約機というのは申込から借り入れまでを行える、すごく便利なものなのです。今後も数が増えることはないと思いますが、全くゼロになってなくなるということも考えられないと思います。

レディースローンは女性をターゲットにした消費者金融です

最近はCMなどではやっていないのですが、レディースローンというものを雑誌や電車の広告、駅前の広告なんかで見たことがある人も多いんじゃないでしょうか。まだまだ見たことがないという人も、聞いたことがないという人もいるかもしれませんが、レディースローンは女性をターゲットにした珍しいカードローンや消費者金融のことなのです。消費者金融が女性をターゲットにするというのは非常に珍しいとされています。

その昔は団地金融というものがありましたが、若い人は知らないと思いますがこの時は女性をターゲットにした金融をしていたのです。団地金融はその名の通り、団地に関係する消費者金融なんですが、主にお昼間に奥さんたちが家にいる時を狙って訪問し、お金を貸すというものでした。主婦が多かった昔はなかなか外に出るのも難しかったために、消費者金融が回ってきていたのです。そしてそこで借り入れや返済を行うというものが当たり前だったのです。女性は元々サラ金のターゲットにされていなかったこともあって、これくらいしか頼るものがなかったとされています。

今はそういった女性でも簡単に消費者金融やカードローンを使えるようになりましたが、その中でも女性が安心して使えるようにと創りだされたのがレディースローンなのです。レディースローンは色々な業者が用意していて、大手も中小もいくつかの商品があります。女性向けということもあってカードが可愛かったりなどの特徴はありますが、基本的には一般のカードローンや消費者金融と特徴は変わりません。あくまで女性が使いやすいように女性専用にしているのがレディースローンというわけです。

やっと日本でも女性が社会進出をするようになってきたのはここ最近のことで、それでもまだまだパート・アルバイトの人のほうが多いですし、キャリアウーマンなんていう言葉があるくらい女性は働くものではないという考え方を持っている人は多いでしょう。でも、すでに時代は動いているのです。その動いている時代を先取りして、女性に向けたサービスを行っているのがこの消費者金融ではないかとおもいます。

クレジットカードはキャッシングとショッピング枠の2つがある

クレジットカードを使っている人に取っては当然のことと思いますが、なかなか知らない人も多いのでちょっと解説がてら書いてみたいなと思います。まずそもそもクレジットカードとは何か?ですけれども、これは後払いを許すということなのです。クレジットカードを利用すると、現金で今すぐに支払うというわけではないのですが、あとで口座からお金が引き落とされます。お金はカード会社から先に店舗に支払われて、その後にまとめて1ヶ月分が引き落とされる仕組みなのです。ですからカード会社は利用者を信用して貸出をしているのと同じようなものです。

言い換えれば消費者金融を借りてそのお金で支払い、後は消費者金融にコツコツ返済をしていっているようなものと同じだと思っていいでしょう。消費者金融を使うのとは厳密に言うと違うのですが、似たようなものと思っていいでしょう。実際にクレジットカードには消費者金融と同じようなキャッシングという機能がついています。

つまり最初に説明した機能というのはキャッシング機能ではなく、ショッピング機能というものなのです。ショッピング機能を利用すると説明したように後払いで買い物をすることが出来ますが、キャッシング機能を使うと消費者金融のようにお金を借り入れすることができるのです。この機能は実はかなり便利なのですがあまり使われていない機能の一つでもあります。実際にほとんど消費者金融での借り入れと同じようにお金を借りることができるのですが、どちらがいいか?というとクレジットカードのショッピングをよく使う人にとってはこちらのほうがいいでしょう。単純に支払いを一括で行うことが出来ていちいちカードローンの支払いを別で行わなくていいからです。

使っていないという人は多分カードを使いすぎてクレジットカードで破産してしまわないかということを気にしていると思いますが、最近のカード会社は限度額をこちらで決めさせてくれたりするのです。心配な人は出来るだけ使える限度額を小さくしておくことで自己破産などを防ぐことができると思いますよ。

ネットから申し込むとローンカードは時間差で送られてくる

インターネットのカードローンというものが流行するようになって、ふとちょっとした疑問が湧いたという人は多いのではないでしょうか。おそらく「カードローンなのにインターネットで申し込みをして振り込んでもらったら、カードが関係ないじゃないの?」という疑問です。確かにその通りでカードを使わないカードローンのようになっています。昔はネットローンと呼ばれて区別されていましたが、今はほとんど区別されなくなってきました。

このネットでの振り込みによって借り入れができるカードローンですけれども、実はカードというのはまったくないわけではありません。カードを使って借り入れをすることもできるし、インターネットの専用ページから振り込み指示をすることもできる、というわけです。でもインターネットで申し込みをしたらカードが出てくるわけではないです。結果的にカードというのは遅れて郵送されてくる形になるのです。インターネットで銀行口座を開いたり、クレジットカードを作ったりするときと同じで、遅れて送られてくる事になります。そしてそのカードを貰ったら、ATMでもカードで引き出す事ができるようになるというわけです。

カードローンの基本はカードでの引き出しだったのですが、このようにネットで申し込みをするようになってからというもの、まずはネットでの振り込みからというのが当たり前になったのです。少し前までは専用の無人契約機というものがあって、あれを利用するとすぐにカードを作ることが出来ました。カードを作ってその場で借り入れをすることが出来てから、消費者金融はぐっと伸びたのですがそれと同じように消費者金融がネットローンに進出してきてからも、利用者がグッと伸びたとされています。特に若い世代にとってはなじみやすくなったようです。

ネットが主流になってきたカードローンですけれども、まだまだ遅れてくるカードを使ってATMでの引き出しをしているという人もたくさんいますから、今後も引き出しはネットを使う人とカードをつかってATMという二つがメインになっていくのではないかと思います。